鳥撮りを楽しもう!聞こえてきた野鳥のお喋り

2020年10月19日

カメラを持つと、何でもいいから撮りたくなるのは自分だけでしょうね。いやいや違いうでしょ、誰もが撮りたいと思っているはずですよ。私の場合は、野鳥にハマってしまって、毎日野鳥の追っかけ三昧です。皆さんは風景ですか、それとも草花ですか、モデルさんですか。

ひとそれぞれに撮りたいものが違いますね。

そうそう、野鳥だけではないんですよ。草花にも興味がありし、撮り鉄も誰かに連れて行ってもらえれば楽しむんですが。

今日の鳥撮りは、ヤマガラちゃん狙いで行ったら、聞こえてきた野鳥たちのお喋りが。

ヤマガラちゃんの独り言

野鳥たちが来るスポットがあるので、そこを狙って行ってみることに。まだまだ葉っぱが茂っているので、全体的に暗い感じです。シャッター優先で(SS1/250)にセットして。カメラはEOS70Dでレンズはタムロン70-300㎜にテレコン1.5倍装着しての撮影です。

いよいよですよ、ヤマガラちゃんのヌードが見れます・・・・。👀

水浴びすっか!
気持ちええなぁ!!
ここの温泉は無病息災なので、毎日来とるんや。この露天風呂は最高や!!

あれれ、なんか誰かに見られとんのとちゃうかな。 あっ! 
あそこにおるのは人間ちゃうか。
レンズむけとんで。恥ずかし・・。裸見られとるわ。朝ごはん食べに行こっと。

私の朝ごはんちゃん出ておいで、食べてあげるからね、出ておいで!

あれぇ 出てこないね、お腹減ってんのやで。もういいや、違うところを探すよ。

ヤマガラさんに会うのが久しぶりだったのでつい夢中になってシャッタ押しました。さぞ迷惑だったのでしょうね。すぐにどっかに行っちゃうのですよ。

エナガが群れでやって来た

次にやって来たのは、仲間同士仲のいい小型の野鳥さんたちです。いつも群れで行動を共にしています。

エナガの群れもお風呂が目的で群れでやって来た。そこに・・・・。

おーいみんな、あそこの温泉に入って羽休めしようぜ!

(右エナガ)ここは混浴だよ、一緒に入って疲れをとろうよ。
(左エナガ)あら、いやだわ、恥ずかしいじゃないのよ。あっちに行ってよ。

(右エナガ)そう言うなや、一緒に入ろうよ。
(左エナガ)いやいやいやいや・・・。と身体全体で嫌がる

あれれ、いつの間にか二人仲良く入ってら。
あーー気持ちいいな! とお互い見つめあうのです。

そんなところにやって来たのは・・・。

(右エナガ)ちょっとあんた、何なのよ、いきなり入ってきて。嫌らしいわね。何見てんのよ!!
(左シジュウカラ)ここは公共の温泉だぜ!一緒に入ってもいいじゃんかよ!
遠慮せずにおいらとつきあわね~~か。

きっとこんな会話をしているんでしょうね。鳥言葉が分かればね。こんな野鳥達の会話を思い浮かべながらシャッタを押すのです。

キビタキのキビ娘が

あれれ、今頃君がいるなんてビックリだよ。どうしたのさ!

あ~~ぁ! どうしよう。ここはいったいどこなんだよ。おとうちゃん、おかあちゃんどこ行ったのかな

あ おじさんだ、聞いてみようかな。
おじさん、おじさん、うちな、キビタキの娘なんやけど、迷子になってん!ここは何処なん?うちは何処に居るんかな。教えてくれへんかな!?

(おじさんが答える)ここは東京やで、君ここで生まれたんやな。両親とはぐれたんか。それは気の毒にな。
(キビ娘)そうなんよ、いったいどこに行ったらええとおもう。暖かいところってどこなん。あっちかな。しんどいけど
行ってみるは。
(おじさん)頑張りや、気いつけてな

多分 親鳥とはぐれて渡ることが出来なかったのでしょうね。キビタキは冬場は暖かい南の方に渡っていきます。この子はこの東京で越冬するのでしょうかね。頑張りや、キビ娘ちゃん。

野鳥の会話、如何でしたか。鳥さんとお喋り出来たら楽しいでしょうね。動物と会話が出来るアメリカの映画がありましたよね。皆さんも耳を傾けて聞いてみてはいかがですか。きっと聞こえるかも・・・。

スポンサーリンク