薔薇を増やす「押し木」のためにならない話。

良い天気が続く今日この頃

まだまだ続く「stay home」。

きょうは何をしようかとふと我が家の小さな庭を眺める。

 

 

 


 

父に日に


 

 

 

 

もう何年になるか、スノーホワイを植えてから。

まだ小さかった薔薇の木を植えて、その枝から子を、その子から孫に。三代続く小さな薔薇の木が今まさに満開になろうとしています。

何度か失敗した「押し木」。

勉強したわけではないので適当に枝を切り、とりあえず水に浸け放置。何か根っこのようなものが生えてきた感じ、で、庭の花壇や鉢に移すを繰り返す、そのうちの何本かが根付けに成功するという具合です。

それがこの子です。

孫の木「薔薇・スノーホワイト」

何のお世話もしないのに、毎年綺麗に咲いてくれる、たまに、数個しか咲かない年もあるので不思議なものです。花の数は少ないですが、年に何回かは咲きます。

挿し木に適した時期は、湿度の高い梅雨時期の「押し木」冬の間に行う「挿し木」があるようですが、私の場合、まったく考えないで、むさっ苦しいと感じたとき剪定し、もったいないから押し木をする。根付ければしめしめというかんじです。私の場合、花が枯れだしたころですね。いい加減です。

押し木の方法は

ネット検索で色々掲載されていますのでそれを参考に、私はこの記事を書く時初めて調べて、いかにずぼらだったのか、よく育ったねと孫木に言ってあげたい気持ちになりました。

検索するといっぱい出てきますのであえて紹介はしませんが、これからの時期、押し木するのに良い季節かもしれませんね。花が散るころ梅雨が来ます、是非やってみてください。

 

 

 


 

「stay home」家で楽しむ高級料亭の味

 

 

 

家で楽しむ高級焼肉

 

 

 

ごみの処理は簡単自動開閉

 

 

 


 

まだあります、何年前に買った来たのかわからないミニ薔薇、毎年綺麗な花が咲く、名前はもう忘れました。

白地にピンクのラインが入ってる薔薇です。

ミニ薔薇

ガイドブックやネット検索したのですが、いまだ名前思い出せす。

わかる方、ご教授頂ければ胸のつかえがなくなります。すっきりしたいですね。

ある意味、薔薇は強いんですね。 もっと手入れすればもっと増え、もっときれいな沢山の花を咲かせてくれるのですね。

誰がお世話を・・・・・当然ですが「奥様です」

 

 

 


 

 


 

 

 

 

ためにならない、薔薇の増やしかた。読んでくださった皆様、どうか専門誌並びにネット検索を参考に、正しい薔薇の増やし方を是非試してみてください。

これも長く玄関先で咲いてくれています。奥様のお世話が充分なのでしょう。

これからも続くためにならない話。次回のテーマは何か。

 

 

 


 

A8.netの申し込みページはこちら