野鳥好き!相も変わらずカワセミの追っかけに明け暮れる!!

秋も深まりってまだ10月の半ば、台風や秋雨前線の影響で雨が多い毎日。

そんな雨あがりに、すぐに行きたくなるのが野鳥の追っかけです。この時期飛来するのは『ノビタキ』ですね。数日前からある場所にやってくると知人に教えてもらい、ここ何日か探すものの一向に現れない。どうも、私は嫌われているのでしょうかね。

仕方がないので、今日もカワセミ君の追っかけに・・・・。

その前にですよ、多摩川をぼーっと眺めていたら、いつのもカルガモの一行が水浴びやエサ取り、川岸に上がってのんびり日向ぼっこの姿が見える。どこにでもいるので、あんまりありがたみが無い。申し訳ないがスルーします、と思いきや、別のカモたちが群れをなして進むのが見えた。あれは・・・・。

2020.10ヒドリガモの群れ

個体が遠く証拠写真にしかみれないが、拡大してみると、どうも『ヒドリガモ』のようだ。左から2番目が雄のようで額の当たりが白っぽく見えています。1羽の雄にメスが数羽、ハーレム状態です。冬鳥として、この地域にもやってくるカモさんの仲間です。

そろそろ、カワセミ君を追っかけることに移動しようとしたとき、流木の枝になにやらエメラルドグリーンのように見える物体がちょこんと止まっているんですよね。まさかここにも居るのかとカメラを向ける、やっぱりそうだ、『カワセミ』君だ。でも、すぐに立ち去ってしまった。今日はこれまでか・・・・。

時間だ、奥方を迎えに行かなくてはならない時間がやってきた。急いで帰ろう。駐車場までは、あの橋を渡らなければ行けな。急ごう🏃‍♀️🏃‍♀️

橋についた、ちょっと時間に余裕がある。ここで、「橋の欄干手を腰に、あてて遠くを眺めるる♫♫」心で歌いながら、ぼーっと眺めていたその時!!!!!!!!

橋の下にやってきた『カワセミ』

撮らなきゃ!撮らなきゃ📸📸

真下だよ、一脚つけていたので、橋の欄干から乗り出して、撮りにくい撮りにくい! 

それでも、可愛いのが撮れたんですよ。真上からみたカワセミ君、なかなか可愛いものですよ。

2020.10カワセミ 橋の上から

上から見ると、短い内股の足がなんとも言いようのない可愛さ。漫画のスパイファミリーのアーニャみたいに可愛いじゃあ~~りませんか。

スパイファミリー知っていますか。面白い漫画なんですよ。一度読んでみてください。アーニャが可愛くて虜になってしまいますよ。(話が脱線しましたエヘヘ)

2020.10カワセミ 橋の真下にやって来た

この角度からみるカワセミもいいものですね。見ていて飽きなです。ちょっち横に移動してくれた。お顔が見れた。あれれれれれ 女の子ジャン。いつもの男の子じゃなかったね。下嘴が赤いので彼女の方でした。

2020.10カワセミ 橋の上から撮影

お目当てのノビタキには会えなかったが、追っかけの対象カワセミちゃんに会えただけで大満足です。

また来るは! 次は絶対にノビタキ出会えますように😅

 


 

 

スポンサーリンク