桜とチューリップの絨毯!?わが町羽村市の花まつり!

2021年4月16日

コロナ禍、今年も中止と思っていた『花まつり』そうはさせませんよ!

さすがにお店の出店はないが、コロナ対策も万全の体制で桜とチューリップの花まつりが開催されたんですよ。今年の春は暖かく、開花が随分早いなという印象のなか、桜は散り始めましたが、今まさにチューリップが満開です。

スポンサーリンク

コロナ禍、おうち時間を楽しもう




天気の良い日は健康散歩に出かける69歳の爺じですが、散歩途中に少しだけカメラを向けシャッターを押したので、わが街の桜とチューリップを紹介します。

花と水の街『羽村の花まつり』

コロナ禍、外出自粛で外出することは殆ど無い毎日です。でも、健康のためには歩くことも必要ですよね。そこで、爺じはカメラを持ってウォーキング(ほぼ散歩です!)に出かけ、桜とチューリップに癒しを求めたんです。

4月1日に撮影した桜

爺じ

コロナ対策で、桜見は一方通行、飲食ができる休憩所は一時閉鎖し万全な感染対策のなかたくさんの花見客がルールを守って桜を見に来てくれたんですよ。

玉川上水に咲く桜と運動公園のランニングコースに咲く幾つもの桜が綺麗に咲き、また、鮮やかな桜色に輝くソメイヨシノが満開です。この写真は4月1日に撮影した桜です。玉川上水の桜は『iPhone』で撮ったもの、今のスマホは奇麗に撮れますね。

野鳥も花見!?サクラに集まった『シジュウカラ』とLove Love Loveのホンセイインコ

人間だけではないんですね!綺麗な桜を見にシジュウカラからや、デートに夢中なホンセイインコまでやってきました。爺じに覗かれているのに夢中で「チュッ チュッ」っていい加減にしてよ・・・。首に黒い輪の模様があるのが♂のワカケホンセイインコで無いのが♀のホンセイインコです。

40万本のチューリップの絨毯満開です!

黄色に着替えた爺じ

皆さん、東京の楽園と言っても過言ではない住みやすい『東京の田舎』です。のどかな田園に咲くチューリップは圧巻です!
コロナ対策を万全に皆さんに楽しんでもらえれば幸いです。
これも「iPhoneで撮ったよ~~」

羽村市のチューリップ畑は「根がらみ前水田」という場所に40万球のチューリップの球根を昨年秋に植え、年が明け4月に見事に咲き誇ります。ご覧になっていかがですか。

今年はオリンピック年(コロナで一年延期)です。チューリップも「日本チャ!チャ!チャ! 頑張れニッポン」日の丸チューリップもおもわず「金メダル獲ったぞー!!」って。例年より暖かい春が今年はやってきました。なので、桜もチューリップも一週間ほど開花が早いんじゃないかと、そんな気がしますね。

昨年はコロナ禍、花まつりは中止になったものの見事!桜もチューリップもいつもと変わらず咲いてくれたのですが、花びらが落ちることなく刈り取られてしまたのがちょっぴり寂しさだけが残ったんですが、今年は違いますよ。チューリップも、ものすごく頑張ってコロナを吹き飛ばしてくれました。

羽村にはこんな草花も!『二輪草(にりんそう)』が満開!

気軽に登れる『浅間岳』というお山があります。

そこには100種類以上の野鳥や数々の草花がところ狭しと咲いています。特に『二輪草』は草花好きには魅力な花ですね。しかも、名前は『二輪草』なのにようく見ると『三輪』咲いているではないですか。

あまり珍しくもないですが、始めてみた時は突然変異だとワクワクしたのを覚えています。

二輪草の名前の由来は、見ての通り、一本の茎から二つの茎に分かれ花を咲かせることからつけられた名前です。でもようく見るとあちらこちらで・・・・。

普段の爺じ

健康散歩もカメラを持って出るといろんな出会いがあって楽しいですね。
春から秋にかけて夏の花や爺じが大好きな野鳥も夏鳥として渡って来るんですよ。もう来ているかも・・・「オオルリ・キビタキ」楽しみですよ。

今夜はここまで!! (^o^)ノ < おやすみー